Dressy Honey

comes love you!
<<prev entry | main | next entry>>
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

THE DEVIL WEARS PRADA

ずっと見たくて見たくてしかたなかった映画のひとつ。

とにかくファッションがかわいすぎる(゜∀゜)
もちろんプラダにシャネル、ヴィトン、とにかくハイブランドばっか。
ランウェイの編集者たちはみんなきれいでおしゃれだしここほどおしゃれ意識してる勤め先は世界中探してもないだろうってくらい。
そしてこれほど上司(ミランダ)に従順なとこもないだろうね。笑

ていうか前髪ぱっつんのアンディが最高にかわいいきれい色っぽい!
最初とはまるで別人か!ってくらい変わるシーンがだいすき。
それを見て驚くエミリーとその友人とミランダがざまーみろって感じ(こら)
全然仕事できなかったのにいつの間にか完璧にこなすだけじゃなくさらに上の要求までこなすくらい仕事ができるようになってる姿とか、見ててやったねアンディ!って言いたくなるほど気持ちよかったな。
ただそれは表向きだけで裏では恋人と上手くいかなくなってたり友人と溝ができちゃったりしてて、仕事ができればできるほど周りの人との関係性が崩れていく恐怖を味わうことになるんだなーなんてわかっちゃったりして。

きっと誰しもがそうではないだろうけど少なくともどっちかにウエイトをおいてしまうとバランスは当然崩れてくわけだよね。
アンディはきれいでおしゃれになってく自分に優越感を感じていたけど気づいたら自分を見失ってたくらいだし。
そりゃあ誰しもきれいでおしゃれになればうれしいけどもしかしたらそれによっているべき世界がずれてしまって今までの関係性が保てなくなったのかもしれないね。
だからたとえいるべき世界がずれてもそれに気づいていればアンディは仕事も恋も両立できたんだとおもう。
残念な点は最終的に仕事をやめちゃったことだよなー。
がんばれば両立できたかもしれないのにもったいない。

なんて思ったけどやめるシーンは相当かっこよかったね(´∀`)
何百万人もが憧れる職業をばっさりやめてしまうってすごいかっこいいじゃん。
微笑みながら携帯を噴水に投げるシーンとか鳥肌立ったよ。

ミランダはきっとこれから何があろうと仕事に生きていくんだろうね。
ランウェイ誌はわたしがいなくちゃだめだもの、っていう信念は曲がらないだろうし。
でもあたしはそんなこと言えるくらい自分は完璧に仕事してるって信じてるミランダもかっこいいと思うんだよな。
そこまでいってしまえばあたしだったら別に結婚しなくていいやとか思えるし。笑

要は仕事に生きるか恋に生きるかって話なんだろうなー。
いや、これは相当大まかに括った結論だけど。
ただ命懸けで何もかも犠牲にできるくらいの覚悟で臨んでます、ってくらいの仕事があるのならそっちをとるべきだろうし、逆に命懸けで何もかも犠牲にできるくらいの覚悟で臨んでます、ってくらいの恋があるならばそっちをとるべきだし。
簡単じゃないけどそういうことじゃないかなーなんて思ったんだよね。

いやーほんとおもしろかった!予想以上に!
しかも洋画の見易さにびっくりだった。あたし普段ちっとも見ないからさ。
おかげでNYにも行ってみたくなりました。笑
テーマがテーマだけどきらきらしててかわいらしいおはなしでした♪
author: えみ
movie | permalink | comments(0) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment: