Dressy Honey

comes love you!
<<prev entry | main | next entry>>
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

プ ラ イ ベ ー ト

どうもどうも。えみです。

にのちゃん誕生日から早1日。
あんなに可愛い23歳いていいのか?!
つうかその可愛すぎる23歳に会えることが楽しみすぎて吐きそう(…

アルバム発売まで、2週間ちょいですって!
びっくりじゃね?ありえなくね?
というわけでアラシック曲、聴いちゃいました(・∀・)
でも雅紀くん、2曲プラスきっと大丈夫かけてくれちゃってさあorz
確かにきっと大丈夫もアラシック曲ですけどー!
流れたのは「Raise Your Hands」と「COOL&SOUL」ね。
ただ、レイズは1番のみでしたけどね…。
こんなに短い流し方だとは思わなかった!なかなかやるな雅紀。←誰
でもこの曲、思ってたとうりの曲調で嬉しかったー♪
そして問題の(?)COOL&SOUL!
あああ、あれなんですか?大好きなんですけど!
あれが押し曲なんて…あたし大興奮だよ(いやいや
来週は何流れるのかなあ(ノ∀`)
ちゃんと流れた曲順にメモってるから何聴いたとか一発でわかるよ。笑

つうか昨日、久々に友達とプリ撮った!
もうね…かれこれ1ヶ月近く久しぶりだったかもって勢い。笑
あたしまだ17歳…ていうか17歳なのに!(意味不明
久しぶりすぎちゃって顔ひきつるしねー。あはは!
でも楽しかったよ!
しかしあのプリ機の所為だろうけど、どうも化粧がケバい。笑
次撮るのはいつになるんだかー。

宇多田ヒカルのアルバムかなりいいー(゜∀゜)
全部が全部違う曲だったからすごい楽しめるし!
でもやっぱBe My Lastが好き!

ああ、今日プレミアムじゃんか!(忘れてたやつ
ワルキューレ…WSも結局見れてないからさあ。
じっくり見なくちゃ。

そういや春の雪、全部読んじゃったよ!
昨日寝る間も惜しんで目を擦りつつ読んでたから。笑
感想は続きで!


映画を事前に見てたから、背景は大体想像できたんだけど。
あたしの今の頭じゃ、映画観てなかったら全然わかんなかったろうなあと思う。
それほどこの小説は難しくて、深いものでした。

清顕が聡子を愛していて、
聡子が清顕を愛していて、
ただの両思いで良かった、と思うだけの話では全くないということ。
両思いなだけが幸せだということではなくて、
2人で一緒に気兼ねなくいれる世界があることが幸せだということ。
身分の違いがほとんどの障害なんだけど。
映画を見た上でさらに「ああ、こうなんだ」と思う場面が多かった。

例え自分の身を傷つけても、好きな人に会いに行く。
最後の結末がどうしてもあまりハッピーエンドではないにしろ、
2人の行く末の結末だとしたら幸せな方ではないかと思う。
あれほどまでの罪を犯しておいて。
聡子は出家してしまう、もう清顕以外の人を愛さないために。
清顕は好きな人のために命を落としてしまう。
これから生きていく上で何かしら好きな人ができないように。
そんな思いが強いんだと思います。

それほどまでに人を愛することが人生だとしたら、
2人は立派に幸せな人生を歩めたのだと思います。

あたしはこんなにも苦しくて病むほどに人を愛したことはないけど。
そしてこれから先もそんなに愛することはないかもしれないけど。
決してそんなことにならないと思ってた清顕がこうなんだから、
あたしにだって分からないじゃない。
そう感じました。

東京タワーでもそうだったんだけど。
顔とか性格とかなんだとか、そういう好き嫌いで決めるものは脆いんだと思う。
あたしの周りには脆い恋愛(恋愛と呼べるものではないかもしれないけど)が多い。
空気で惹かれあう、そんなものが本当の恋愛なんじゃないかなあ。と。
仕草が声が好きだとか、それはもう惹かれあった後の表し方で。

混合してしまうけど、
透も詩史さんも、清顕も聡子も、そうなんだと。
この2組の恋人たちは、あたしにとっての理想です。
苦しいまでに愛して、病むまでに愛して、お互いを必要として。
author: えみ
arashi radio | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment: